A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

勉強法 その2

最終回です。
ストックした知識とは何か、という話です。

3. 視点を記憶する
条文と、その趣旨と、定義と、判例のうち、およそ司法試験受験生として
当然知っておくべきレベルのものは、当然に暗記すべきです。精確に、愚直に。
しかし、司法試験に合格するために必要な知識とはこれだけではないと思います。

僕は、「知識」が重要だ、と言うとき、ある論点が出たときに、こういうことに気をつけて
論述すべき、という「視点」もまた、必要な知識に含まれると思っていました。

例えば、行政法で、原告適格の問題が出たとき、

・処分の名宛て人以外の者の原告適格の判断における条文に則したフロー
①原告適格を有するのは「法律上の利益を有する者」9条①
②法律上の利益を有するかどうかは、9条②の視点にしたがって検討する。
↓そのフローは
③被侵害利益の考慮、確定
④処分の根拠法規の確定
⑤法令の趣旨目的の解釈
⑥関係法令の確定
⑦関係法令の趣旨目的の参酌
                   (まとめノートより抜粋)

という「視点」を持っていないと、9条について正しく条文解釈できないし、
あてはめをすることもできません。
例えば⑥の視点を持っていないと、問題文に「通達」が載っていたら、
それをなんの検討もなく関係法令として使うなどといったミスをする羽目になります。

また、判例を勉強するときにも、「この判例がこういう判断をしたのは、
この事実を重視したからだ」という視点を持っていれば、判例の事案と違う問題が出たときに、
なぜ判例の結論と違った結論を自分がとるのかを説明することができるようになります。

このような視点は、問題演習をすることや、調査官解説を読んだりすることによって蓄積していきます。

問題演習→あー論点落とした→なんで落としたんだ?→この視点を知らなかったからだ

ということを繰り返すということです。
論述したことが不十分だった場合も同様です。
不十分だったのはどのような視点が欠けていたからなのかを逐一チェックして、
ストックしていくことになります。


4. 応用への展開
このように視点をストックしていくことを意識的にやっていると、
より抽象化された視点に気付くことがあります。
そして抽象化された視点は、未知の問題に対応するための視点となります。

例えば、刑訴で、判例によれば、荷物のエックス線検査は検証です。
しかし、もし、禁制品を差し押さえる目的でエックス線検査を行い、禁制品を
みつけて差し押さえた場合は、エックス線検査は「捜索」になります。
これがこの論点を考える上での具体的な「視点」です。

ここで、この視点を敷衍すると、「ある捜査手法が問題となるとき、一見Aという捜査手法の
ように思えるが、実は性質をよく考えてみるとBという捜査手法である、という場合がある」
という抽象化された視点を得ることができます。
このように抽象化された視点があれば、全然知らない問題が出たときも、
視点に留意することで、問題点に気付くことができるようになります。

このようにして、未知の問題に対応できるような視点を持っていれば、
出題趣旨に気付かずに論述するという失敗を避けることができます。

そして実は、このような視点こそ、「法律を理解する」というところに直結しているのでは
ないかと思います。

このように考えて、僕は、問題演習をしながらひたすら「視点」をストックしていきました。
こういうことは、別に意識しないで出来る人もたくさんいると思います。
でも一方で、意識してないがために漫然と「視点」を欠いた知識をストックしてしまって、
本当は未知の問題なのに自分の知識に無理矢理引きつけてしまったり、そもそも問題点に
気づけないという人もいると思います。
というか、僕がそうでした。

結果として、この「視点」をストックしていくという方法は、僕の足りない部分を決定的に補いました。
このように、敗因分析から、自分に必要なものをちゃんと見極めることができれば、
もう受かったも同然だと思います。

あとは、直前期のプレッシャーと不安にどれだけ立ち向かえるかです。
それは、自分自身が強くなる機会だと思って、周りの人に支えてもらいながら、頑張る
しかないです。

来年受験する、友人たち、この記事を読んでくれているひとたちの合格を
心から祈ります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。