A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6/6

1時間
民法まとめ

1時間だと、勉強記録っていうか・・・という感は否めない。
それにしても民法はどうしてこれほどまでに面白くないのか。
知的好奇心を一切刺激されない。つまらないので進まない。
誰か蟻川連載くらい面白い民法の本をおしえて下さい。

・映画「マッチポイント」
ウディアレン。人生は運だという話。運なんだけど、ネットに当たったボールがネットの
こちら側に落ちるのと、あちら側に落ちるのは、結局のところどちらが幸せなのかは
分からないという話。
最近の映画だが、徹底したリアリズムの映画だった。
最近だからと言って常にあきらめが悪いわけじゃないようだ。
もともと、「人生は悲惨かみじめかのどちらかしかない」(「アニー・ホール」)という人
だからなあ。

・「そうだ村上さんに聞いてみよう」
村上春樹への質問集。大変面白い。
身体性への意識が極めて強いことが興味深かった。
走らなかったら、たぶん村上春樹は村上春樹たりえないのだろう。

・バッハ
クラシックといえばモーツアルトとしか聞かなかったのだが、バッハをちゃんと聴いて
今更バッハのが好きだということに気付く。
しかも断然バッハのがいい。

・「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」
河合「なんのために結婚して夫婦になるのかといったら、苦しむために、
「井戸掘り」するためなんだ、というのが僕の結論なのです」

わかります。


結局ブログは去年とほとんど同じ感じになっている。。。
この調子で続けたら来月には1日1桁アクセスだろう。
好きなこと書いてそうなるなら仕方ないとも思いつつ。

「ねじまき鳥」と「まどか」が頭の中でぐるぐるしてて、しばらく抜け出せそうになく、
くだらないことでも書かずにはいられないのだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あーあー

民事系のアレやりたいんだけど。

’ε’ | URL | 2011年06月07日(Tue)15:29 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。