A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6/1

1時間半
答案再現憲法

昼過ぎからもっさり始めて、再現したところで諸事情によりビールを飲むことに
なったために答案再現しただけで終わり。まあ初日はこんなもんでしょ。

・断ツイッター中である。ツイッターは面白いし、流れていくTLの中には、確かに
珠玉のようなツイートもある。が、そのほとんどはやはりノイズだというほかない。
大体、自分のツイート自体がノイズに他ならない。
そんなことを考えていたら、ツイッターが「灰色の男たち」に見えてきた。
そんなわけで、断ツイッターである。
FBも動かしてみたが、活用法がさっぱり思いつかない。
たぶん、強い意志を持って「活用する」と決めなければ、有効に使えないのだろう。
決めないうちにだらだらやるのは、時間泥棒たちの思惑通りだ。

・映画「アニー・ホール」
大好きなウディアレンの映画のうち観てないものやまた観たいものをTSUTAYAの
100円レンタルを利用してたくさん借りてきた。
アニー・ホールは再視聴。
「またやってもうた・・・」という恋愛をしてきた人にお勧めw
最近のウディアレンの映画を観ると、アニー・ホールの時代はまだ若いなあと思う。
まあ事実そうなんだけど。
僕は自分のことを「あきらめの悪いリアリスト」だと思っているのだが、ウディアレン
もたぶんそうだから、ウディアレンの映画に共感するのだと思う。
アニー・ホールの頃は「あきらめが悪いと言いたい」というくらいだった。
最近の映画はもっとはっきりとあきらめが悪い。
あきらめの悪いウディアレンのが好きだ。

・小説「ねじまき鳥クロニクル」
試験が終わってから、気が済むまで村上春樹を再読するサイクルに入っている。
最初に選んだのはねじまき鳥。
こんなところにちょろっと書くにはちょいと重い。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。