A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5/23~5/29

試験後2週間。
相変わらずの生活を送っている。

・土曜に朝まで飲んで、ようやく「意識の洗濯」が一段落ついた感じがする。
あのリビングでウィスキーやコーヒーを飲みながら会話することは、自分にとって
極めて特別なことになっている。
あるべき場所に帰ってくることができる。

・映画「ディア・ハンター」
非常にちゃんとした反戦映画。
戦争が、ある個人から何を奪うか、という話。
大義に対抗できるのは、「わたし」あるいは「あなた」が「痛い」ということしかないと
いう最近の問題意識に合ってて、とても面白かった。

・蟻川連載
ちょっとだけだが蟻川連載を再読している。
以前、蟻川連載はオーバースペックだと書いた気がするが、再読すると、
ぜんぜんオーバースペックじゃない気がしてきた。
蟻川連載で書かれているように、憲法の基本書は、実際の事例を解決する上で、半分しか
役に立たない。
のこり半分は、法令を読み、事実を読み、対抗を読むことによってなされる。
司法試験の問題は、明白に後者を求めている。今までの憲法論があまりに
前者に重きを置きすぎていたことへの反省があるからだ。
そして、後者の部分について、一定の思考方法を示したものは、知ってる限り
蟻川連載しかない。
というわけで、受験生必読の論文なのだろうと思う。

問題は、やり方が分かっても、演習できないということ。
自分で考えた法令等を「読む」作業が、それでいいのか検証できるような
問題集がない。
宍戸先生や駒村先生あたりがそういう問題集作ってくれればいいのになー。。

・ブログを長いこと書いていると、ほんとに思わぬ読者があちこちにいるものですね。
ありがたいことです。

・自分の考えるコンセプトに自分の能力がついてこないことがもどかしい。
しかし、歩留りが悪くても、時間を使えば達成のために必要なエネルギー量に到達するはずだ。
だからもっとしつこく。無駄なことに時間を使っても何かが達成できるほど、「甘くはない」
というよりは、「能力がない」のだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

土曜日はありがとうございました!
村上春樹に興味を持ったのでノルウェイの森を買ってみました!

えーりん(思わぬ読者) | URL | 2011年05月30日(Mon)22:19 [EDIT]


こちらこそありがとうございました。
そしてコメありがとう!

では次回もまた春樹談義しよー。

hacoma | URL | 2011年05月31日(Tue)01:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。