A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4/26

9時間
民訴択一
22年民訴

択一中心に弱いところをつぶしていたためまとめノートまで読めず。
択一も判決以降は読めてないという。
なかなかまわせんなあ。

本番以来の22年民訴。
本試験会場では何を書いて良いのか、というか問題の状況が全く
分からなくて(本当に)泣きそうになったが、とりあえず問題点は分かるようになった。
でもやっぱあの「有利・不利」の問題は、慎重に誘導を読めば書くべきことは
決まるんだけど、全体的な作りとしてはミスリーディングだよなあと思う。
「判例と比較して・・・」とか一言つけるだけでぜんぜん違うのに。

採点実感を読む限り、民訴は問題点を把握するだけで「一応の水準」に到達する。
それなりに処理できれば「良好」。
1000番くらいの答案でも驚くほどできてなかったからなあ。
民訴はたぶん問題点把握の処理ミスはしないと思う。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。