A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3/2

9時間
事例研究刑訴・憲法勉強会

理解のアーカイブ
こまめに記憶喚起
本試験時間感覚
最低限のベースライン

適用違憲(刑事罰パターン)について考えが全然まとまってないことに
気がついてしまった。
ずっと考えてたけど、すっきりと結論出ず。
このパターンのときは、目的手段審査だと何も正当化の検討ができてないように
思うので、目的手段審査は使いたくない。
構成要件に憲法の枠をはめて制限的に解釈する可能性は理解した。
それとは別に、いわゆる衡量型で大上段から適用違憲を言う場合に、どういう
基準を採るべきか。方向性は見えてるんだけど。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。