A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2/28

6時間半
民事事例 4つ

ノルマ達成もぴりっとしない1日。

京大などの入学試験問題がYahoo!知恵袋に書き込まれていた件だが、
あれはどう考えても「偽計」にはあたらないだろう。
あれが偽計にあたるとするなら、某巨大掲示板の書込みなんて偽計しまくり
である。抽象的危険犯と考えると、某巨大掲示板の人を逮捕しまくれという
話になる。
まあ、まだ被害届が出されただけだから、自称被害者が何言っても構わないが、
本当に逮捕されたりしたら大問題だ。
この件は逮捕されても不起訴だろうけど、次に偽計業妨で起訴された人は
過度に広範で罪刑法定主義に反するという違憲の主張でもしてみるといい
ように思う。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちょっと論旨がわからないのですが、そもそも構成要件該当性がないということですか?

兵卒 | URL | 2011年03月01日(Tue)23:30 [EDIT]


そうです。「偽計」にあたる実行行為がないという主張です。ここでの「偽計」は、不当に相手を困惑させるような手段、という理解を前提にしてます。
本件行為が「偽計」なら、デジタルだろうがアナログだろうがおよそカンニングする行為は偽計業務妨害に当たりうるし、掲示板に「~のパンまずいよね」とか書くことすら当たりかねないのではないかと思うのです。

hacoma | URL | 2011年03月02日(Wed)08:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。