A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12/25

3時間半
条判本

寝られず、数時間布団の中でムニャムニャしてから、結局起きる。
勉強する感じでもないので、読みたかった本を一気に読む。

最近は、「問題提起さえ間違わなければ全て解けたも同然ではないか」という
”イシュー”が自分の中でホットなのだが(いかに問題提起するか、という問題を提起している)、
それを精緻化して呈示してくれた。答案だけではなく、およそ「解決すべきこと」には全て応用可能だ。
むしろ答案に応用可能と言うべきか。
やっぱマッキンゼーはすごいよなあと改めて思う。集う人と、育てる人と、巣立つ人と。

正直もう、ビジネス本はそれが「ビジネス本」に留まるなら全く必要がない。
みんな同じこと言ってるし。100年くらい前から。
1を100にする方法はもういらない。0から1を生み出す時の、ドロドロのぬかるみの
中の一歩目を、どう踏み出すべきかというざっくりした方向性だけ知りたいのだ。
この本は、その欲求に十分応えていると思う。

なんか普通の書評になってしまった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。