A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6/19~6/20

・オランダ戦
ケンタ食べながら家で観戦。負けたけど良い試合だった。
ここ一番で結果を出すためにどういう精神状態であればよいのか、
ということについて、ワールドカップはたくさんの示唆を与えて
くれる。熱すぎても、冷めすぎても、慎重すぎても、大胆すぎても、
相手を軽んじても、リスペクトしすぎても、ダメだという。

そのためには、個人レベルでは、投下時間と成功体験に裏付けられた
自信であり、チームレベルでは調和(ベクトルの方向性と大きさが同じであること)
が必要なのだろう。

・某バイト少々

・父の日なので父にワインをあげた。

・早朝勉強会のお誘いを受けるも、「早起きむりっす」という理由でお断り申し上げた。
経営学で有名なハーズバーグの理論に従えば、自分にとって「早起き」と「満員電車」は
「衛生要因」であって、あると不満足になる(なくても満足するものではないが)。
不可避的に衛生要因を受け容れるには、動機付け要因がそれを上回らないとならない
が、現時点では上回らないのだ。

勉強すること自体が好きだったり、淡々と勉強できたり、強迫観念にかられて
勉強できたりしない自分は、何が衛生要因で何が動機付け要因となるのか、自分にとって
価値の高い欲求は何なのか、ということを明確にする必要があったと、いま気付いた。
もともと経営学勉強してたはずなのに、まじで応用できてねえww
(このへんの話は「マズロー」とかググると色々出てきます)
性格にあった方法論が必要だよなー。長く続けないとならないからな。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。