A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6/3~6/7

・短答の結果発表
当ローは100人受け控え、100人落ちである。
自己採点はせず、ハガキ待ち。

・高校時代の友達と10年ぶりくらいに飲んだ。
・さらに別の高校時代の友達と10年ぶりくらいにお茶した。
母になることの大変さを学ぶ。
また、色々なことに気付いた。結構重要なことにも気付いた。

・「質問力」というアンテナ。

・いわゆる谷根千でモヤモヤした。
優れて下町だった。

・生活が不規則すぎ

・勉強は全然していない

・「告白」湊かなえ
映画化もされ、話題の小説。久しぶりにミステリーというか、サスペンス
小説を読んだ。
最初の方こそ、作りが適当とか、村上春樹の小説ってすごい洗練されてい
るんだなとか思いながら読んでいたが(笑)、最後まで読んで、全体を
見渡すと、意外と考えさせられる小説だった。
ネタバレ自粛のため、内容にはコメントせず。
ただ、アマゾンのレビューなんかでよく書かれているように、「1章はすごい
のに、あとはぐだぐだ」みたいな読み方をするなら、この小説を読む意味は
全くないように思う。1章だけ読むなら、星新一とか、筒井康隆読んでりゃ
いい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

その本貸して!
伊坂まるごと貸すからー

で、いつにする?(笑)

ゆき | URL | 2010年06月09日(Wed)23:02 [EDIT]


そういう話は携帯にめーるしてください(笑)

hacoma | URL | 2010年06月11日(Fri)01:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。