A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5/10~5/11

Avg.10時間+

「試験の前日の夜はどんな気持ちなのだろう」ということを
ローの2年生くらいから、よく考えるようになった。
不安なのか。自信満々なのか。逃げ出したいのか。待ちわびているのか。

しかし実際はどれでもなく、普段とさして変わらない。意外と淡々としたものだ。
あれ終わってすらないのに、論文戦えるわけなくね?とか、択一がまじで
不安とか、そういう思いは確かにある。
あるが、今日までにできることは、とりあえずすべてやった。
もっとできただろうとかは考えない。ここまでの自分が、すべてなのだ。
だから、多分今日はぐっすり眠れるし、朝起きて、斉藤和義を聴きながら
コーヒーを飲み、少し復習して、出発するだろう。
そして、いまできることは、すべてやってこよう。


試験期間中は情報ラマダンするので、次の更新は試験後になります。

それでは、行ってきます。


「ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは”ジブン”っていうらしい

世界中に溢れているため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ
”あと一歩だけ、前に、進もう”」

――kokua「Progress」

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんだか、感慨深いね。

武運を祈ります、友よ。

よんとお | URL | 2010年05月12日(Wed)00:42 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。