A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9/10

6時間21分
刑法ゼミ 3h
民パ+旧司 【4】 2h03
民訴パ 【1】 38
会社演習 30
商法ぬり絵 10

09新司の結果発表。激辛な合格者数にびっくり。
政治的な理由で合格者減らすのは(言いたいことはたくさんあるが)ともかく、
三振制度とか、修習中の給与廃止とか、合格者数が増えることが前提に
なっている制度を今すぐ廃止しろよ。

今年もまた合格が確実視されていた先輩が落ちた。
とはいえ、「受かりそう」な先輩は大体受かっていて、結局「受かりそう」で
あることが必要なのだ。

あと240日で、どう逆転して、今年よりさらに激辛が予想される来年の試験を
一発で通るか。
それには2つのことができればいい。

①択一で足切りされない
②配点のあるものを拾い、減点になるミスをしない答案を書く

②について、あたりまえじゃん、と思うだろうが、「受かりそう」なのに落ちるのは、
配点のあるものを拾えてないか、減点になるミスをしたかのどちらかまたは両方
以外に原因は(特定答案とかは論外として)ありえないのだ。
学校では良い成績なのに、新司では評価されないという差は、おそらくそこにある。
逆に言えば、それができれば受からざるをえない。
では、どうすればいいのか。

どうすればいいんでしょうね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

受からなかった人の答案分析は、すごく役に立つやろうね。
能力が足りてなかったわけでは、絶対無いはずなんやから。
今度頼んでみよう。

よんとお | URL | 2009年09月11日(Fri)20:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。