A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4/12

4時間15分
民応P 60
家族法P 52
内田Ⅲ 252-272 78
北村演習 30
19年択一会社 35

だらだらしてしまった。

リークエ会社法を購入。今後、会社法の基本書のファーストチョイスは間違いなくこの本になる。
神田先生さようなら。形式的には佐久間民法みたいな感じの作り。事例の多用と、記述のメリハリ
と、「教育目的」を強く意識しているところがいい。ぐるぐる本はこの本に決定。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お、やっぱり買ったのね。
おれも見に行ってみよう。

ひょっとして、この本はどこかのサイトで紹介されてたんでしょうか?(笑

よんとお | URL | 2009年04月13日(Mon)19:23 [EDIT]


つーか、著者の1人である中央の大杉先生は超有名なブロガーだからね( アルファブロガー)。あのブログを読んでたら、この本がダメな本なわけがないと思うよ。

というわけで、いろんなロー生のブログでも紹介されてて、「悟れアナンダ」くらいハードルがん上げだったんだけどね。見事期待に応えたね。P7~8が素晴らしいよ。この2ページで500円くらい価値がある。

おおすぎblog
http://blog.livedoor.jp/leonhardt/
勉強法についてのエントリもあり、大変有用。

hacoma | URL | 2009年04月13日(Mon)22:37 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。