A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12/31

1時間

年末ぐだぐだだったな。
そしてついでに風邪引いて年越し。やれやれ。

今年は淡々→キラキラ→淡々というリズムの年だった。
来年頭はまた淡々とするが、あと4ヵ月半で終わりにしたいものだ。

さて、来年は、1月3日を最後に断酒する。
4ヶ月くらいストイックになってもばちはあたらんだろということで。

来年もよろしくお願いいたします。
みなさまの新たな年が希望に満ちた年でありますよう。

スポンサーサイト

PageTop

12/30

3時間

前日朝まで飲んでて二日酔い。
昼過ぎに起きる。
ぐだぐだして、夜飲み。

PageTop

12/29

2時間

昼はローの同期が修習休みに入って暇だということで、ランチする。
夜は高校の同期と家飲み。
久しぶりにたくさんしゃべった。

軽やかさも突き詰めれば芸になる。

PageTop

12/28

3時間

昼起床。
学校へ行って荷物回収。
買い物などする。
年末モード。

PageTop

TKC模試

いまいちっ!

220点(62.8%)
民法47/74(63)
会社24/38(63)
民訴22/38(59)
憲法34/50(68)
行政36/50(72)
刑法20/50(40)!!
刑訴37/50(74)


択一勉強セット(判六+山口青本)を学校に置いてきてしまって、唯一全く復習
せずに挑んだ刑法が撃沈。ですよね。。。
あと民法40点台というか、民事100点切りも痛すぎ。
刑法はやってなかっただけだが、真の問題は実は民訴。12月に2回転してこの体たらく
は、民訴が分かってないことの何よりの証拠。

某巨大掲示板などを参考にするに、平均点は200点ちょいくらいかな。
220は上から4割くらいの成績だろう。目標としていた1割には遠く及ばず。
体感的には250くらいはとれていい問題だったように思う。
精確さが足りないのだ。ここからは外延はもう今やったところまでで確定して、
100%の精度を目指す。

いまいちだったとはいえ、問題は精度だけなので、本番270点の道は見えている。
したがって当初の予定通り、明日からの勉強は択一1:論文9の割合とする。

やっと条判本を読まなくて良いのが、ほんとに嬉しい。

PageTop

12/27

7時間
TKC模試
合間の勉強、答え合わせ

ついにTKC模試やった。別掲。

PageTop

12/26

5時間
条判本

11時起床。起きれないので、「明日やる」と言ったTKCが先延ばしになっている。
3週間ぶりに運動。ランニング。さすがに寒い。鼻水がとまらんくなった。

PageTop

12/25

3時間半
条判本

寝られず、数時間布団の中でムニャムニャしてから、結局起きる。
勉強する感じでもないので、読みたかった本を一気に読む。

最近は、「問題提起さえ間違わなければ全て解けたも同然ではないか」という
”イシュー”が自分の中でホットなのだが(いかに問題提起するか、という問題を提起している)、
それを精緻化して呈示してくれた。答案だけではなく、およそ「解決すべきこと」には全て応用可能だ。
むしろ答案に応用可能と言うべきか。
やっぱマッキンゼーはすごいよなあと改めて思う。集う人と、育てる人と、巣立つ人と。

正直もう、ビジネス本はそれが「ビジネス本」に留まるなら全く必要がない。
みんな同じこと言ってるし。100年くらい前から。
1を100にする方法はもういらない。0から1を生み出す時の、ドロドロのぬかるみの
中の一歩目を、どう踏み出すべきかというざっくりした方向性だけ知りたいのだ。
この本は、その欲求に十分応えていると思う。

なんか普通の書評になってしまった。

PageTop

12/24

5時間
条判本

バイト1時間

飲み過ぎで11時起床。
クリスマスイブってなにそれおいしいの?
という感じで、1日条判本を読む。
条判本は全力で読んで1日1冊、というのが、色々な面で限界だと知る。

明日はTKCをやる。結局、予定は全然終わらず。

PageTop

12/23

2時間半
勉強会

朝から呼び出されて人生相談。
解決しようのないことを「解決できないのはイヤだ」といっても
仕方ないと思うのだが、イヤなものはイヤらしい。

その後江戸川に行って、1億円レースを観戦。
串揚げ食べて、ワイン飲みながら三谷幸喜の「ラヂオの時間」を観る。
図らずもオフになってしまった。

PageTop

12/22

6時間
条判本

1日に2回勉強会をブチられる。

PageTop

12/21

7時間
条判本
勉強会

PageTop

12/20

5時間半
法学講義契約
条判民
あなたの答案

寝付けなくて朝方寝たため、13時半起床。

自分で播いた種だっての。

PageTop

12/19

3時間半
潮見イエロー
条判民

バイト1時間半

月1回テンション低下期間が来るのはまずいよな。。

ところで、択一のために判例通説ばかり勉強する今だから分かる
潮見イエローの恐ろしさよ。
山口青本など足元にも及ばない、トロイの木馬っぷり。
ですます調で、薄く、「基本講義」と銘打っているため、ベースの基本書
として使いたくなる要素満載だが、判例通説を完全に無視して、完全に無視して
いることを全く示してないところが多々ある。
うちみんより全然ひどい気が・・・
たぶん、潮見先生は、「通説」だと全く思ってないんだろうね。「なにそれ
おいしいの?」的な。

えっ!?ってなって別の教科書を調べるのが面倒になったので、今は読むの
やめようと言うことになった。択一対策なので。

結局、ローの同期から借りている、「法学講義」シリーズが択一用には最適
だ。
というか、余り知られてないが、「法学講義」シリーズは、かなりお薦め。
理由と具体例をちゃんと書いている著者が多いのが非常に良い。共著なので、
書いてくれないダメな人もいるが、総じて書いている。
ロー入学してからの1冊目はこれにすれば良かったと思う。

PageTop

12/18

3時間
条判民
潮見イエローⅠ

バイト1時間

嫌な夢を見て、二度寝して、起きたら12時。
やや諦めて、掃除や買物などをまとめてする。
テンション上がるひみつ道具が欲しい。

PageTop

12/17

4時間
条判民

バイト1時間

飲み過ぎで(といってもビール4杯しか飲んでない)、頭痛に苦しみ、
ゼミを寝ぶっち。
1日ぐだぐだ。

PageTop

12/16

5時間
条判民
条判憲

夜地元バスケの飲み会。久しぶりに他人と飲んだ。

帰ってから読んだ「3月のライオン」が抜群に面白かった。
今年新たに読み始めた漫画でベスト。
というか、歴代の漫画ランキングでも最上位クラス。
まあ、読むタイミングもあったと思うが。
人は本質的に孤独だから、ひとりで戦わないといけないけど、
支え、支えられないと、「ひとりで」戦えないという話。

PageTop

12/15

6時間
バイト1時間半

テンション低下期間

PageTop

12/14

7時間半
条判民
刑法刑訴ゼミ

バイト1時間10分

なかなか疲れた1日。
ビール飲んでさっさと寝よう。
延々とくだらない話がしたいなあ。

PageTop

12/13

6時間半
条判本民、憲
公法系1位

バイト1時間

公法1位視聴完了。大変よかった。
上位合格者シリーズを見まくっていて、どれもとても役だっているが、それは
きっとある程度勉強が進んできているからだろう。

PageTop

12/12

6時間半
条判本民、憲
公法系1位

たまに訪れる身体に悪いことしたい衝動にしたがって、深酒夜更かし夜食食い
しながら漫画を読んだ。この衝動が訪れるのは、流川的に言えば「税金みてぇなもん」
なので、やむを得ない。
読んだのは「進撃の巨人」と「Coppelion」。いずれもおもしろし。


PageTop

12/11

6時間半
条判民、憲
答案だいじょうぶ

パソコンをつけてもネットで遊ばないように、夜10時までネットワークを
遮断することにした。無線のアンテナをしまう作戦。子供の頃、親にファミコン
隠されたのを自分でやっているような馬鹿馬鹿しさがなくもないが、
まあ、無駄に時間を使ってしまうよりましだ。

辰巳講座は今年の合格者で100位くらいだった人のもの。
1位と100位では、戦略はほとんどかぶるが、ズレもあるのではないか
という仮定の下に、100位の講座を観てみたわけだが、正解だった。
予想通り、1位の人と完全に相反する戦略を採っている部分がある。
それは、リスクの取り方というようなものだ。
性格的に、攻められるものは全部攻めたいが、ふた降り目ということに鑑みると
攻めない戦略を採るべきだろう。100番以内よりも、100%2000番以内で。
以前たてた目標は、この点で若干の修正が必要になる。

黒澤明「羅生門」を観る。

PageTop

12/10

5時間
編集部ゼミ(憲法。行政書士の業務範囲)
条判憲法

バイト1時間

修習を終えたばかりの先輩に答案を見てもらって、「憲法は余裕ありそうだね」
と褒めてもらえた。
「論理飛躍がない」と言われたのがもっとも収穫。
今まで同期の添削ばかりだったので(もちろん、それが足りないという意味ではない。)、
先輩からどう見えるのかというのはちょっと気にしていた。
とりあえず大丈夫そうでよかった。

しかし、眠くてそのあとだらだらになってしまったのは良くない。

択一の効率を上げたい。条文判例本を通読し続けるのは、それはそれでよいのだが、
もっと効率を上げられる気がする。
それと、通読作戦は、「あてはめ問題」への対応が弱くなることに気付いた。
もともと得意ではない民法で顕著。民法だけは肢別をやるか検討しよう。
あとは弱い分野(とりわけ択一プロパー分野)を集中してやるなどの方法を取り入れよう。
TKCは、悪くとも上から2割が目標。まだ体感的には届いてない。正確さが足りない。

司法試験は、つくづく、準備が重要な試験だなと思う。
あたりまえだが。

PageTop

12/9

5時間

刑法刑訴ゼミ
条判民

ZAZENBOYSのライブに妹と行く。ザゼンは本当にすごい。技術が突き抜けてる。
それにしても、ものすごく久しぶりのライブハウスでのライブはとても楽しかった。


発表以来一緒に刑事のゼミをやっているK氏が、やっと受験生としての
エンジンがかかってきた。おせぇよ。
もっとも、同じ答案のゴールを共有できれば、ゼミは生産的だし、やってても
楽しい。頑固者なので、あんまりあれこれ言っても聞かないだろうなと思って
黙っていたが、待った甲斐があった。

PageTop

12/8

5時間

バイト1時間

ゼミを寝ぶっち。
睡眠のリズムわりー。

宇多田ヒカルのネットライブを見ながら勉強。ustream革命。

PageTop

12/7

7時間

刑訴刑法ゼミ
条判民
公法系1位

バイトの説明会に行った。

PageTop

12/6

多分5時間くらい

12時起床と手帳に書いてあるからたぶんそれくらい。
願書提出。
勉強以外は色々うまく行った日。

PageTop

12/5

6時間
条判民(担物、総則途中)
公法系1位講座途中

願書を書いた。ちょっと間違えつつ、写真に手こずり、何とか完成。
明日出す。

公法系1位講座は大変よさげ。「問題提起」の人はちょっと飛び抜けてて、
十分参考にはなったが、ものすごく良かったわけではなかった。まねできない系。
公法系1位の人は2回目受験で、1回目平均ちょい上から2回目1位まで上った人。
戦略を立て、努力すべきポイントを絞って、その部分に集中して労力を投下した、
という感じが出ていて、とても参考になる。
こういうアプローチをとって成功した人の方法論は、ほとんど全部使える。
続きが楽しみ。明日全部見るくらいの勢い。

PageTop

12/4

5時間
条判民(物権、担物)

ちょっとぐだぐだ。

人と会いたい気持ちを封印したら楽になった。

PageTop

12/3

9時間半
編集部ゼミ(事例で考える会社法16回:会社分割。旧司商法:名板貸)
条文判例本民(物権)

前日早く寝てすごい早起きしたので。まあ昨日の分。
条判本読みつつ、よく分かってないところを基本書に立ち返って読む。

少々出来るようになってきた気はする。
しかし、事実への切り込み方、扱い方、そういったスキルを前提として
思考プロセスを答案を示す、ということに関しては、まだ10点満点で2点くらいだ。

今日受け取った添削された答案に「慢心せぬように」と書いてあった。
中学生の頃から「おまえはちょっと出来るようになるとすぐ慢心して
最後の詰めを怠る」と言われてきたので(笑)、あらゆる慢心は来年の5月15日まで
とっておく。試験終わるまでは、「まだ確実に受かるような水準じゃない」と
思い続け、試験終わった瞬間に「絶対受かったわ」と思うように。

もう少し勉強の内容をちゃんと記録することにした。
記憶喚起のため。

・会社分割と事業譲渡がでたら詐害行為取消しの可否もチェック
・会社分割で債権者異議できる債権者の範囲チェック。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。