A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7/29

・対中国仕様にするため、mixiとのマルチポスト挑戦。
うまくいくかどうか。
それしても、「これできないかな~」と思うようなことは、
調べりゃ大体誰かが教えてくれるのがすごい。
ちなみに、Metagatewayを噛まして、Zoundry Ravenで投稿している。

・で、大学時代のゼミの先輩家族、同期2人と飲みに行き、さらに麻雀をした。
麻雀は1,1,3着で、総合トップ。ごっちゃんです。
帰り際に先輩が言った、「10年前と全く同じ事して楽しめるってすごいよね」
という言葉が、我々の関係性を物語っている。
永遠の居心地良いマンネリ。まじで永遠に続いて欲しい。
もっと色々なことを話したかったなあ。
上海まで意外と安く行けるらしいので、行くしかない。
せっかくなので上海蟹シーズンに。酔っ払い上海蟹食べたい。

スポンサーサイト

PageTop

7/28

・前日飲み過ぎたせいか、10数時間の惰眠をむさぼった。深酒からの回復が
着々と遅くなっているのを感じる。

・実家でDSが流行りすぎてDSが余ったので、ひとつ使用貸借することになった。
脳トレしまくろう。

・読書「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
おいしいサンドイッチとスープと売れない映画女優を巡るおはなし。
明け方4時に、思わずオニオングラタンスープを作ってしまったから、
おそらく、素晴らしい小説だと言って良いのだと思う。
以前、おいしいピクルスを食べれば人生の悩みが大体解決すると書いたことがあるけど、
次に落ち込むことがあったときには、夜更けに、おいしいスープを、丁寧につくって
食べよう。
まあまあの出来のオニオングラタンスープを飲みながら、ぼんやりと
そんなことを思った。そう思わせるような小説だった。

PageTop

7/27

・高校バスケ部の同期と飲む。超久しぶり。
女3人、あまりに三者三様なのに、極めて調和がとれた形で友人関係が成立していた。
こういうのを、まさに、「女子力」と言いたい。
男が仲良くなる場合に比べて、各人間の共通項が、薄いというか、弱いというか。
もしくは、共通項に関する観点が全然違うというか。
(男からすれば)緩やかな共通項でも、強固に結びつくのがすごい。
現代社会においては、とても成熟した人間関係のありかたのように思う。

もう一回SATC全部見ようかな。

PageTop

7/25~7/26

◆勉強記録
2時間30分
のりおさん読み 2h
亀井演習 30


◆ニートなう
・ようやく勉強を始めた。すこーしだけ。
以前に比べて教科書が読み込めるようになった気がする。試験前の勉強が熟成されたのか。
法律関係の文章読むと、読みやすいなあと感じてしまう。

・バイト1セット終了

・髪を切って、そのまま上野でおいしい宮崎料理を食べた。
美容師さんに、「試験前より髪質が良くなってる」と言われる。ストレスフリーライフばんざい。

・漫画「べしゃり暮らし」
ほぼブックオフの立ち読みで8巻まで読み切る(笑)なんという迷惑さ。
森田まさのりの漫画は、「ろくでなし」以来ひさしぶりに読んだ。とてもおもしろい。
暑苦しいので、暑苦しいの好きにはたまらない。
会話の中に少し笑いを入れる、というのは、雑談力の重要な要素をなしている気がする。
会話の中に少し笑いがある方が、しゃべってる方も聞いている方も楽しいに決まっているのだ。
そして楽しさは、極めて有効な「つなぎ」として機能するのではないか。
ちょっとアンテナ張る価値がありそう。

PageTop

7/23~7/24

・某バイト15

・上海で働いている先輩夫婦が一時帰国中。来週みんなで飲む約束をしているのにも
かかわらず、抜け駆けして先行飲みに混ぜてもらう。
とても楽しかった。が、自分の境遇は複雑な想いをもって受けとめられたのだろうな、
と思う。来週は、少し話を深めたい。そして、今日は自分の話がメインネタになって
しまったので、先輩夫婦の話をもっと聞き出したい。

・マンションの28階から下を見ると相当怖いことが判明。高層マンションには住めない
ことがわかった。

・女子力の定義について深めた。
「女性性の中で持続的かつ円滑なコミュニケーションをとる能力」みたいな定義
は異端である模様。

・漫画「BILLY BAD」「へうげもの」「少女ファイト」新刊。
ビリーバッドがおもしろくなってきた。

PageTop

7/21~7/22

・GANTZを読みふける。設定がおもしろく、最初の方はとてもよくできた
エンターテイメントとして成立していた。しかし、ジャンプ系のバトル漫画
はすぐ強さがインフレしてしまって、インフレした後は大味。ぬらりひょん
強すぎだろ。

・先日OB会で会った同期のマネージャーとランチ。ランチ力をあげるために
外苑並木のシャレオツなカフェでランチした。高校バスケ部に関わる女子たちは、
休職してセネガルに行ったり、ゲイと結婚したがったり、酒の肴としてバナナを食べるなど、
相当興味深い人生を歩んでいるようなので、先のマネージャーに、後日飲み会を開催させる
ことにした。
その後、青山→表参道→原宿をぷらぷらし、表参道ヒルズなどに立ち寄りながら、
原宿で古着を買う。終わる寸前のバーゲンで、良い買物ができた。
ひさしぶりの原宿は、色々な店がなくなり、また、できていた。

・早起き→まとめ→ランチ→買物→まとめ→バスケ→自炊という相当充実した
1日。

・それにしても暑すぎるだろ。

PageTop

7/16~7/20

・高校のバスケのOB会。同期のマネージャーと卒業以来ぶりに会う。
30ともなると、色々みんな大変である。

・飲み会の連絡がなかったので流れたのかと思っていたら、実はあった
という残念な話。

・祖母に会いに香川へ。3日間の強行軍だったので、疲れた。けど、
楽しかった。環境が精神に与える影響について考えるなど。

・ひさしぶりに競艇をする。競艇場に足を運んだのは久しぶり。成果は散々だったが、
散々でも楽しめるくらいしか賭けてないので問題ない。
野球やサッカーと同じような感覚で観ると、スポーツとしてとても面白いと思うのだが、
余り理解されない。
まあ、競艇場に行ってみると、サッカーとは客層が全く違うから、仕方なくも
ある。特に田舎の競艇場はヤンキーが多い。

・東京は、蒸し暑い。

・映画「借りぐらしのアリエッティ」
トイ・ストーリー3を観るなら、アリエッティを観てからの方が良い。
トイ・ストーリーの刺激が強すぎてアリエッティが物足りなくなる。
もっとも、個人的にはとてもいい映画だと思った。宮崎駿が13歳の少女に
托す希望のあり方がとても好きだ。ひとはきっと、勇敢で優しい「だけ」でいいのだ。

PageTop

7/13~7/15

・映画「トイ・ストーリー3」
シリーズベストの出来。最後は号泣した。楽しくて切なくて勇敢で優しい物語。
トトロも特別出演。5歳、17歳、30歳以降と3回観るべき映画。
いま思い出しても泣きそう。

・読書「こゝろ」夏目漱石
過去3度読むのを挫折していた「こゝろ」を遂に最後まで読んだ。
非常によかった。これもまた、「勘弁してくれ」。

・我が家で宅飲み。すぐ寝てしまったやつがいたが、寝なかった方と朝まで
様々な話。

・某バイト13

PageTop

7/12

・ワールドカップ決勝戦を観る。終わる寂しさと、睡眠時間が安定する安堵感。
タコ予想が8連勝したが、確率的には256分の1なので、それほど珍しいことでは
ない。もっとも、タコでサッカーを予想しようとしたのはおそらく初めてであろうから、
最初に当たりが来たという点ではすごい。

・のりおさんを読み進める。

・実家に行った。妹たちと就活その他の話をし、母親と即独その他の話をした。5時間
くらい。とても充実した会話だった。

・即独は、可能だということがわかった。色々なことが、余りに鮮やかに一本の道の上に
乗った。どうやらあとは、その道を進んでいくだけみたいだ。

PageTop

7/10~7/11

・ひさしぶりにバイク2ケツして(後ろに)乗った。久しぶりだと怖い。

・お手伝いしていた某選挙事務所の先生は落選。残念。
いままででもっとも能動的に関わった選挙だった。考える素材がたくさん
手に入って、とても有意義な経験をすることができた。

・読書「斜陽」太宰治
反動で古典サイクルに。以前よんとおにもらったもの。15年ぶりくらい?に再読。
太宰のマザコンっぷりにちょっと失笑しながら読んでいたら、ふと気付くとやばいところに
連れて行かれてしまっていた。うーむ。勘弁してくれ。
やはり、これが「読書」だなあとぼんやり思う。世界の認識の仕方を変えてしまうエネルギー
が詰まっている。


もういちど、さようなら。
姉さん。
僕は、貴族です。

――「斜陽」太宰治

PageTop

7/9

・某選挙事務所お手伝い。電話をかけたり、深夜に★★★したり。
そのあと1時から5時まで秘書や事務員の方々と飲み、選挙と政治の暗部を
少しだけ知る。店を出たら完全に朝だった。
ホテルをとってもらって、少し寝て、また電話をした。
自分たちは昼に帰ってしまったが、秘書の方々はお疲れ様ですというほかない。
これでお手伝いは終了。
とても得難い経験をした。世界に対する認識が変化した。以下備忘。
書いてみたらうるさかったので小さくした。

マスコミがアホだったり、政治家がアホだったりするのは、経済的に発展し、
安全で平和な社会を戦後60年かけて築いたことの必然というか、そういう
社会を作る上で構造上避けられないことだったのではないか。
だから、朝日がアカだとか、鳩山がぽっぽだとか叩いたとしても、そもそもの
構造が変わらない限り、代替的に出てくるものは結局同じものだ。
個人レベルの最適化が、合成の誤謬を生み、それがさらに大きな合成の誤謬を
生んだときに立ち現れるのがマスコミや政治で、それらが再び個人の最適化に影響
を与えるという循環が繰り返されている。これが経済的な成功を生んだために、
極めて強固な構造をしているので、容易には変化しない。
変化するには、おそらく、同じくらいの時間をかけるか、革命しかない。ちなみに、
革命は起きて欲しくない。革命は面倒だ。

他にも、政治家になるということの意味、人に仕事を任せるという決断、
「一般人」という感覚、根回し・調整の必要性と損切りなどを学んだ。
電話をかけまくって気付く「一般人」という感覚は、極めて貴重な体験だった。

PageTop

7/7~7/8

・年金免除と奨学金延納申請をした。先送り人生。年金免除申請するには住民税申告が
必要なことは要注意。

・「女子力」という言葉の多義性について考えた。定義しないと使いにくい。

・母親の仕事を少し手伝う。実際の問題は様々な法分野を横断するから、見落としが
怖い。

・読書「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
うん。満足した。しばらく伊坂お休み。


「そのとおり」響野は満足げにうなずいた。「おまえは美人の上に賢い」
「馬鹿にしてるでしょ」祥子が探るような目をしてくる。
「そのとおり」ともう一度響野は繰り返す。「おまえは美人の上に賢い」

――「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎

PageTop

7/5~7/6

・のりおさんをさらに読み進めた。もっとも、まだ実行行為。行為~実行行為論は
この本の山場の一つだと思うので、じっくりと。おろしろい。

・某選挙事務所お手伝い。ひたすら電話かけ。30件もかけると慣れてくる。
何事も慣れだ。

・読書「グラスホッパー」伊坂幸太郎
ちょっと中途半端。「押し屋」をめぐるオチは「へー」と思ったが、殺しとか
暴力を描写するのは村上龍の足下にも及ばない。暴力を書く場合、相当に書き込んで、
「こちら」と「あちら」を徹底的に相対化しないと原則的に意味が無いと思っている
ので、そういう意味からは不十分だと思われる。どっちつかずになってしまった。
エンターテイメント小説の限界か。
いま伊坂3冊目を読んでいるが、若干飽きてきた(笑)少なくない時間、どんよりしたり、
じんわりしたり、もやもやしたりするものが読みたくなった。

・テレビで日本代表が語られるときに、「チーム」が強調されるのが気に入らないという話。
確かに、あのチームのあり方は素晴らしかった。規模感は全く違うが、チームスポーツ
をやる者として、チームがうまくいっているときに生み出されるカタルシスは、他の
何とも比較しがたいほどの快感を生み出すから、それが日本代表レベルで起こったら、
観ている人を巻き込んで感動させることができるというのもわかる。
しかし、あくまで、本田や松井が効果的に攻撃をし、長谷部や遠藤や阿部が中盤を
安定させ、長友や闘莉王や中沢や川島がゴールを死守したのは、個人の力に他ならない。
みんなで力を合わせれればなんでもできるという文脈で「チーム」を強調するのは、
あのチームの極めてミスリーディングな伝え方だ。合わせる力がなければなにもできない
のだ。

PageTop

7/1~7/4

・のりおさんの刑法総論を読み進めた。

・宇都宮にプチ旅行。居心地のよい時間を過ごした。そしてまた有形無形の
借りを増やした。

・ずっと気になっていた自宅の隣にある小料理屋(割烹)に行ってみたところ、
信じられないくらいおいしいものが次々出てきた。出汁がすごい。うまみの爆発。
家の隣にこんなにおいしいものが食べられるところがあるとは。しかも高くない。
稼げるようになったら週1日は行く。

・読書「チルドレン」伊坂幸太郎
これといったモチーフのないエンターテイメント系の小説は、敬愛していた中学校
時代の先生の教えに従ってずっと避けてきたが、このたび借りて読むことに。
予想通り、おもしろかった。こういう小説は、全体を味わうと言うよりは、
ディティールに注目して、その技術に感心するほうがよいのだな、と読み終わってから
思った。しばらく伊坂を読むので、次からはそうしよう。
もっとも、「感じの良い」読後感は素晴らしいが、読んだ後に考えるべきことがないので、
やはり物足りなさは残る。

PageTop

6/28~6/30

・実家でDSの「脳年齢テスト」をやったところ、68歳だった。

・今月中にバイト1セットねじ込むために、某選挙事務所はお休み。
そしてなんとか1セットねじ込んだ。

・高校時代の友達と日本戦を観戦しつつ飲み。
本当に素晴らしいチームだった。いままででもっとも感動した。

・太ってきている。

・忘却曲線からして、これ以上勉強しないと何もかも忘れる臨界点に
きているのではないか。ざっと復習することを決意。明日から7月だし、
キリも良い。まずは早起きだ。

・飲むと顔が赤くなる人はそうでない人に比べて相当食道ガンになりやすい
と、「ためしてガッテン」でやっていた。いまの調子で飲み続けたら、
77倍なりやすいらしい。そうでなくとも、このペースで飲んでたら、いずれ
大病を患うであろうことは間違いない。酒もコントロールするか。
明日から7月だし。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。