A heady tale

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

成績通知

成績通知が来た。

公法  98 (1630位)
民事 123 (3170位)
刑事 116  (580位)
租税  57   (30位/349人)

論文 1300位台
総合 1400位台

民事ェ・・・確かに、試験後に各種解説を読む度に、「民事できてないっぽい。。。」とは
思っていた。それにしても、あんなに勉強したのに、去年の成績から1科目当たり3点弱
しか上がらないってどういうことですか。民事のせいで一気に凡庸な成績になってしまった。

個別の分析は長いので折りたたみにした。

それを受けてのまとめ。

ハイスコアが出やすく、全体への影響が大きい民事がまたしても沈むという残念な結果に。
もっとも、個別分析を見てもらえばわかるが、相当書くべきことが書けてない。それでも、
3100位くらいでとどまったから勉強の成果が一応はあったともいえる(去年は4100位だった)。
多分、分からないなりに食らいついたことに、一定の点が入ったのだろう。

公法、刑事、租税は合格答案を書けた。
3つ合格答案を書ければ、1つ沈んでも結構余裕で合格するのだ。

このことから、苦手科目を減らすこと、得意科目をつくることがいかに重要かわかる。
まあ、当たり前だけど。でも、苦手科目と得意科目の影響を看過しない方が良い。

多分、苦手だ、と思っている科目は、本番ではすべからく沈む。
苦手だ、ということは、分かってない、ということであり、司法試験の問題は
そういうわかってないやつをあぶり出す設計になっているからだ。
だから、苦手科目をまずなくすことが重要だ。苦手だ、と思っている時点で、
「不良」答案となることがほとんど確実になっている。
0-1のスコアから始まるサッカーのようなもので、これは厳しい。

逆に、どんな問題が出てもまず浮くという得意科目が幾つかあると、
合格する可能性は飛躍的に高まる。
自分の点数を参考に、57点くらいとれる科目を得意科目とすると、
3科目得意科目があれば、他の5科目は平均39点で合格できる。
4科目あれば、残りは平均35点でいい。これは受かったも同然だ。

じゃあ、苦手科目を減らし、得意科目を増やすにはどうすればいいか。
適切な勉強を、たくさんするしかない。身も蓋もないけど。

勉強法は、masoブロさんや、新司法試験再チャレンジ日記さんといった、上位合格者が
ノウハウを惜しげもなく披露して下さっているので、そちらを参考にして下さい。
参考になる上位合格者ブログはたくさんありますが、この2つは特に素晴らしいです。
僕はプリントアウトして何度も何度も読みました。

順位がしょぼかったので、このブログでは勉強法については多くを語らず(語れず)、
ひとつだけ別記事に書くこととします。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

第6回新司法試験結果

合格しました。

掲示板まで見に行って、自分の番号がそこにあるのに、不安で、何度も何度も
確認しました。

このブログを読んでくれている人がいる、ということに、何度も励まされ、
勇気づけられました。ほんとうにありがとうございました。
実際に合格してみると、いかにたくさんのひとに支えられながら勉強していたか
ということを強く感じます。

さて、この勉強記録ブログをつけ初めてちょうど3年くらいになります。
もともとは、ローの友人であるyontooと、「俺たちは法律の勉強があまり好きではない。
意思の力で勉強できたりはしない。意思の力を過信してはいけない。
むしろ仕組みが重要なのだ。お互いを監視するのだ。」
というコンセプトで始めたブログでした。
そうして、ようやく、このブログも役目を終えることができました。

前にも書きましたが、受験勉強している時間というのは、不毛な時間です。
したがってこのブログは、不毛な記録です。
不毛な記録だけど、僕にとっての大事な物語の一部でもあります。
この大事な物語は、今日をもって本棚にしまわれます。
そして明日からまた、新しい物語を紡ぎます。

というわけで、新たにブログを新調して、修習準備以降はそちらに書こうと思います。
このブログは、順位が出たら、それを元に今年の試験の分析を書きます。
また、もし順位がよければ勉強法みたいなことも書きます。それで更新を止めます。

合格したらこのブログは止めようとずっと思ってたけど、あまりにも一緒にいる時間が
長かったので、実際に止めるのを決意すると、感傷的になるなあ。

PageTop

択一結果

択一のハガキが来た。

僕がどのくらい択一にビビっていたかは、ブログを読んでくださっているみなさん
にはなんとなく伝わっていると思う。

結果としては、無事通りました。二度目の「9月までドキドキ継続」。

ハガキ開けるときはほんとびびった。

内容的には、民事と刑事はちょうど平均くらいで、公法で少し稼いだ。
さらに細かくみると、民事は民法が8割近く、会社法も7割を超えていた。「できてない」
と思った民訴は案の定ちょうど6割。
公法は両方とも7割弱。行政は体感的には致命的にできてない可能性があると思ったが、
そうでもなかった。行政は部分点が大きいから、体感が余り当てにならないようだ。
刑事は、刑法が7割越え。問1から10連勝。
刑訴は致命的な点数の予感があったが、これは残念ながら予想通り。20点。
刑事は去年と全く逆の結果だな。

総合では合格者平均よりはやや下というくらい。

足切られたときのメンタル面での準備は万端だったが(笑)、無駄になってよかった。

PageTop

23年司法試験終了

「無事」終了したと言いたいところだが、残念ながら「無事」には
終わらず。

択一の結果に関してものすごく不安を残すという、なんとも情けない
終わり方になってしまった。

論文の方は、去年は試験が終わったときに「たぶんだめだろうな」と
思ったが、今年は、「受かっても落ちてもおかしくない」という感想
だったので、試験として正しく終われた。刑法では人生初の8枚目に
突入したし、全体を通して大枠を外したと思うものはなかった。
しかし、シュレッダー行きの不安は否めない。というか、かなり現実的な
もののように感じる。

なんでそんなことになってしまったのかの反省はすでに色々あるが、
ひとえにアホだからだとしか言いようがない。

まあ、大本営発表が出るまであれこれ考えたり不安になっていてもしょうがないので、
とりあえず答案を再現したり、たまった本を読んだり、映画を観たり、
友達と酒を飲んだりして過ごす。

The show must go on.

PageTop

新司成績

成績がきた。順位は、

公法 3800
民事 4000
刑事 2600
租税  10

総合(択一込み) 3300

大体こんな感じ。1点差で落ちたとか、そういうかっこいい感じでは全くなく、
3000人合格させてもらっても受からないという体たらく。
でも、手応えと照らし合わせてみて、まあこんなもんか、と思う。

公法が思ったより悪い。行政はまあまあ書けた割に深めに沈んだ。たぶん、行政は
みんな結構書けたことと、憲法が想像以上に沈んだからだろう。憲法は、
答案書いてる最中から、「なにこのクソ答案」と思いながら書いてたくらいなので、
ほとんど点数ないのではないか。

そして全てクソ答案を書いた自覚のある民事は、予定通り。
課題は民事だ。明らかに。

刑事は、刑法でクソ答案を書いた割に深くは沈まなかった。相対的なものでしょうな。

ガチで1位を狙っていた租税で、まだ上に10人もいることがややショック。
山は高いね・・・
もっとも、「よく書けた」と思える科目で、それなりの評価が来たことで、
自分の理想とする答案の形自体は間違ってないということがわかって良かった。

総じて。
租税が良かったことからして、答案の書き方自体は間違ってない。
全体的に勉強不足だということだ。
この8か月は、足りなかった70点を追いかけるのではなく、200点くらい上乗せ
して、圧倒的に受かるつもりで、戦略を立てる。

まあ当面は、民事の強化だな。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。